最近システム自体に手を加えるのは難しいという中で、入力業務を省力化できるRPA(Robotic Process Automation)が注目されている。
RPAによる自動化は次に示す3つの段階に分けられます。

 Class1  Class2  Class3
 定型業務の自動化  非定型業務の自動化  高度な自律化
RPA
Robotic Process Automation
EPA
Enhanced Process Automation
CA
Cognitive Automation
定型業務のルールに基づき自動化し、人的ミスを削減でき、作業スピードは改善され、より創造的な業務へのリソース再配置などが可能。現在多くはClass1のソリューション。 「自然言語解析」「機械学習」「音声解析」「画像解析」などのAI技術を用いて、一定の判断を伴う非定型業務や例外対応も自動化。最近はClass 2のソリューションが徐々に登場。  プロセスの分析や改善、意思決定までを自ら自動化するとともに、意思決定を行う。
Class 3のソリューションに到達するまでにはまだ数年かかると予想。

【出典】KPMG Bots in the back office -The coming wave of digital labor


業務の効率化・自動化のため、RPA システムの導入をお考えの企業ユーザー様に最適なソフトウェアを適用させていただきます。
また、人数の少ない会社、スモールビジネスに向いているRDA(Robotic Process Automation)も導入ご検討ください。